糖尿病治療方法ナビ|糖尿病と診断されたら原因と症状を知り対策

当サイトについて

糖尿病の患者数は近年、驚くべき勢いで増え続けています。

厚生労働省の糖尿病の実態調査ではデータの残る1955年から現在までの約50年間で患者数は50倍にもふくれあがり740万人という人数になっているようです。
これに糖尿病予備群を加えると患者数は1620万人です。
成人の3人に1人は糖尿病または糖尿病予備軍ということになります。
50年以上前、糖尿病は決して患者数の多い病気ではありませんでした。
生活習慣病の筆頭といわれる糖尿病ですが、そこには食生活の大きな変化が影響しているといわざるを得ません。

意外かもしれませんが日本人は肥満になりやすい体質を持っています。
現在は肥満がそのままメタボといわれるように決してよい状態ではないといえます。
糖尿病は不治の病といわれています。

糖尿病は合併症が恐ろしいですが、きちんとした対処をすれば生死に関わる場面は十分に回避できます。
言葉は悪いですが糖尿病と仲良くつきあって生活している人がたくさんいるのです。
当サイトでは、糖尿病予備軍、糖尿病になった人のためにそれ以上症状が進まないように食事療法を中心に様々な考察をしています。
少しでも、糖尿病について悩んでいる人のお役に立つことができたら幸いです。

カテゴリー別に糖尿病について調べる

糖尿病という病気はわかりにくい病気です。糖尿病の疑いがあっても普段の生活で異常を感じることが少なく、そのまま何事もなかったかのように日々の生活を続けることができます。

日本では糖尿病の患者が増加しています。それではなぜ、糖尿病にかかってしまうのでしょうか。その一番の原因は食事にあります。

糖尿病とインスリンの働きは切っても切れない関係にあることは説明しました。糖尿病の根幹にあるのは、インスリンの働きが足りなくなることです。

現在、糖尿病に唯一有効な成分はインスリンです。ホルモンの一種である、インスリンだけが、血の中にあるブドウ糖を制御できるのです。

糖尿病の怖いところは、糖尿病と診断されても、体に異変がかんじられず、もちろん痛くもかゆくもないということです。

糖尿病の治療で大切なのは食事療法と運動療法です。そして、この二つを比べると食事療法のほうが大切です。

食事療法には、カロリー制限食のほかに、糖質制限食というものもあります。糖質というのは、「糖」の仲間をひっくるめて呼んでいる言葉です。

肥満の人を見たら、糖尿病を疑うほど糖尿病と肥満は密接な関係にあります。近年では、肥満をメタボと呼ぶことも多くなりました。

糖尿病は治らない病気であることは、都度伝えてきました。そのため、糖尿病とは長くつきあっていかなくてはいけません。